| 刊行情報 | 井上理惠・鈴木国男・関谷由美子/著 宝塚の21世紀 ―演出家とスターが描く舞台─ 社会評論社

メディア掲載

図書新聞 2020年7月11日号掲載 川崎賢子氏(立教大学特任教授)書評「読みの熱量と強度には圧倒されずにいられない 混迷の時期にこそ、本格的な批評研究が指針となる」

1914年に小林一三によって創立された宝塚少女歌劇団。宝塚が世紀を越えて存続したのは演者〈スター〉が演じる芝居〈ドラマ〉が、それも男役スターに当て書きする新作が上演され続けてきたからだ。本書は21世紀に登場した新作の演出家とスターを検証し、100年を越す〈宝塚の謎〉を解く。


第一部 〈悲劇〉を解読する

(執筆 関谷由美子)

第一章 新興国アメリカ、ニュー・エイジの闘い

小池修一郎脚本・演出 月組「グレート・ギャツビー」(F・スコット・フィッツジェラルド作”The Great Gatsby”(Gatsby)より)─ フラッパーの時代

小池修一郎脚本・演出 宙組「NEVER SAY GOODBYE   ある愛の軌跡」─ デラシネから戦士へ

第二章 〈失われた王国〉の物語

生田大和脚本・演出 月組「春の雪」(三島由紀夫著「春の雪」『豊穣の海』第一巻 より)─〈成熟拒否〉の構造

上田久美子脚本・演出 月組「月雲の皇子─衣通姫伝説より」─ どのように語るのか、物語が創られる

上田久美子作・演出 花組「金色の砂漠」─〈局外〉への意志

第三章 〈天才〉の悲劇

原田諒脚本・演出 雪組「ニジンスキー─奇跡の舞神─」 ─ 時代の転換期を生きる

第四章 〈永遠〉を生きる

木村信司脚本・演出 花組「不滅の棘」(カレル・チャペック原作『マクロプロス事件』 より)─〈期間としての人間〉であることへのオマージュ

小池修一郎脚本・演出 花組「ポーの一族」(原作  萩尾望都『ポーの一族』小学館  フラワーコミックス)─ 気配のロマネスク

 

第二部 宝塚の華 〈男役〉

(執筆 鈴木国男)

第一章 春日野八千代から轟悠へ 

第二章 二十一世紀のトップスター
男役へのアプローチ

 

第三部 宝塚  〈美〉の中の〈思想〉

(執筆 井上理惠)

第一章 女性作家たちの劇世界

植田景子の挑戦(「THE LAST PARTY~S・Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日」/「クラシコ・イタリアーノ」二〇一一)

小柳奈穂子のコメディ(「めぐり会いは再び」二〇一一/「ルパン三世――王妃の首飾りを追え!」二〇一五)

上田久美子の問いかけ(「翼ある人々――ブラームスとクララ・シューマン」/「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」)

第二章 男性作家たちの劇世界

大野拓史と〝真っ直ぐな男〟(「一夢庵風流記 前田慶次」(原作隆慶一郎『一夢庵風流記』)二〇一四)

原田諒と内なる神(「MESSIAH――異聞・天草四郎――」二〇一八)

生田大和とコメディ(「CASANOVAカサノヴァ」)

 

資料・上演年表(2000~2019)

(作成 松本俊樹)

井上理惠(いのうえよしえ)桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。著書:『菊田一夫の仕事―浅草・日比谷・宝塚』『川上音二郎と貞奴』(全3巻)など。

鈴木国男(すずきくにお)共立女子大学文芸学部教授。共著:『ベストプレイズⅡ』『戦後ミュージカルの展開』など。

関谷由美子(せきやゆみこ)大東文化大学人文科学研究所。著書:『藤村・漱石<主人公>の影』『<磁場>の漱石―時計はいつも狂っている』など。

松本俊樹 大阪大学文学研究科演劇学研究室コースアシスタント

定価=本体3800円+税 ISBN978-4-7845-1145-7 A5判並製344頁
2020年4月中旬発売予定


購入サイト(外部リンク)


・Amazon

投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社メール book@shahyo.com