| 紹介 | 練馬区立美術館『没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム』

2019.11.30(土)~ 2020.02.09(日)

本郷東大前の落第横丁で人気を集めたペリカン書房店主の品川力さんの弟で版画画家・造形作家として活躍した品川工さん(しながわ・たくみ 1908~2009年)の没後10年企画展が練馬区立美術館で開催されます。観覧無料。詳しくは公式サイトをご覧下さい。

◆ 練馬区立美術館『没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム』


目録準備室ではペリカン書房の品川力(しながわ・つとむ 1904~2006年)さんとその弟妹の面影を取材した記事を公開しています。あわせてご覧下さい。(2017年配信)

[本郷・東大赤門]ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。

連載記事「東京のむかしと本屋さん」アドレス変更のお知らせ

下記の連載記事のアドレスが変更になりました。

◆連載 東京のむかしと本屋さん

目次

[港区・赤坂]赤坂のヒナ探し
[神田・横浜]東京から来て 天保堂苅部書店 横浜と歩む
[豊島区・長崎]センセイも歩いた椎名町
[目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前
[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店
[水道橋/神田三崎町]神田三崎町と有文堂書店の100年。
[本郷・東大赤門]ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。
[文京区本郷]大学堂書店と本郷三丁目の交差点

| 刊行情報 | 『佐原のピカソ・張子屋カマタさん ─カマタさんって、鎌田芳朗さんのことなんです。佐原張子作品集─』プレスリリース

| 詳報 |

“| 刊行情報 | 『佐原のピカソ・張子屋カマタさん ─カマタさんって、鎌田芳朗さんのことなんです。佐原張子作品集─』プレスリリース” の続きを読む

| 刊行情報 | 兵隊になった若き学者が描いた絵てがみは、反戦感情のレリーフだった。●檜垣御楯/著 俺は逆を行く 或る学徒召集兵の戦さ(第一篇 檜垣元吉・兵舎便り) 社会評論社 2019年7月下旬刊

“| 刊行情報 | 兵隊になった若き学者が描いた絵てがみは、反戦感情のレリーフだった。●檜垣御楯/著 俺は逆を行く 或る学徒召集兵の戦さ(第一篇 檜垣元吉・兵舎便り) 社会評論社 2019年7月下旬刊” の続きを読む

| イベント情報 | 第169回 ラテンアメリカ探訪・岡村淳監督のトークと共に見る映画『ブラジルのハラボジ』

メキシコ学勉強会「ラテンアメリカ探訪」からのお知らせです。

“| イベント情報 | 第169回 ラテンアメリカ探訪・岡村淳監督のトークと共に見る映画『ブラジルのハラボジ』” の続きを読む

〈紹介〉アジアンドキュメンタリーズ開催「ドキュメンタリー映画 感想文コンクール」

アジアンドキュメンタリーズ・ドキュメンタリー映画感想文コンクール募集概要資料より転載

株式会社アジアンドキュメンタリーズでは、本日、8月1日()よりインターネットを通じて、アジアのドキュメンタリー映画を有料で視聴できる新サービス「アジアンドキュメンタリーズ」を開始いたしました。
 
それに伴い、映画を見て感想文を書く「ドキュメンタリー映画 感想文コンクール」を開催することにいたしました。
 
今、コンビニやファーストフードなどの店員さんで多くのアジアの方を目にします。
私たちは彼らの文化を理解しているのでしょうか。
そんな中、私はドキュメンタリー映画で「アジアの相互理解」を深めたい、と考えました。
 
ドキュメンタリーは、社会や文化を知ることができ、考えるきっかけを与え、人生を豊かにしてくれます。
そこで、アジアンドキュメンタリーズ を始めることを決断しました。
 
 社会人の方をはじめ、中学生、高校生、専門学校生、大学生など、これからの日本を担う次世代の人々にも、アジアの優れたドキュメンタリーをご覧いただき、広い視野を育み、問題意識を高めるきっかけにしていただければと考えております。
 
◆資料(PDFファイル)

株式会社アジアンドキュメンタリーズ
http://asiandocs.co.jp

【お問い合わせ】

info@aisandocs.co.jp


 ※本投稿は、アジアンドキュメンタリーズ様提供の記事を転載したものです。