第5回 フィールドの地域概要 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より

タイトル絵・加藤伸幸画より

東北学院大学・加藤幸治氏の著作『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全5回)第5回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(後)

“第5回 フィールドの地域概要 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より” の続きを読む

第4回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(後)─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より

タイトル絵・加藤伸幸画より

東北学院大学・加藤幸治氏の著作『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全5回)第4回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(後)

“第4回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(後)─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より” の続きを読む

第3回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(前) ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より

タイトル絵・加藤伸幸画より

東北学院大学・加藤幸治氏の著作『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全5回)第3回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(前)

“第3回 博物館活動を通じた復興への積極的な関与(前) ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より” の続きを読む

第2回 ミュージアムとコレクションの復旧 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より

タイトル絵・加藤伸幸画より

東北学院大学・加藤幸治氏の著作『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全5回)第2回 ミュージアムとコレクションの復旧

“第2回 ミュージアムとコレクションの復旧 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より” の続きを読む

第1回 震災復興と人文学の葛藤 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より

タイトル絵・加藤伸幸画より

東北学院大学・加藤幸治氏の著作『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全5回)第1回 震災復興と人文学の葛藤

“第1回 震災復興と人文学の葛藤 ─加藤幸治/著『復興キュレーション 』より” の続きを読む

書評掲載 加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』

タイトル絵・加藤伸幸画より

加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』の書評が下記の紙面に掲載されました。心より厚く御礼申し上げます。

“書評掲載 加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』” の続きを読む

加藤幸治/著『復興キュレーション ─語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』目次詳細

加藤幸治/著『復興キュレーション ─語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』が今月から発売になります。

震災前と今を結び直す空間づくり。
町に生きる声が響き合う企画展の取り組みと、次への提言。

“加藤幸治/著『復興キュレーション ─語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』目次詳細” の続きを読む

アート本とは一線を画すコレクター必携の専門書 ──『おもちゃ博士・清水晴風』『和のおもちゃ絵・川崎巨泉』『郷土玩具の新解釈』

郷土玩具郷土玩具の本
~歴史と人の営みを掘り下げる

kyoudogangu

だるまのコレクターとしてテレビなどメディアでも知られる中村浩訳(ひろのぶ)さんのご協力により小社では「明治のおもちゃコレクター」として玩具収集愛好家には伝説の人、清水晴風(しみずせいふう)の伝記資料集『おもちゃ博士・清水晴風 ─郷土玩具の美を発見した男の生涯』と『達磨からだるま ものしり大辞典』を刊行しています。 “アート本とは一線を画すコレクター必携の専門書 ──『おもちゃ博士・清水晴風』『和のおもちゃ絵・川崎巨泉』『郷土玩具の新解釈』” の続きを読む