連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第5回 駒場の町を通る人

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第5回「駒場の町を通る人」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第5回 駒場の町を通る人” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第4回 由良君美の発信

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第4回「由良君美の発信」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第4回 由良君美の発信” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第3回 開業の1983年

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第3回「開業の1983年」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第3回 開業の1983年” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第2回 西と東の駒場駅

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第2回「西と東の駒場駅」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]駒場東大前駅・河野書店のあたり 第2回 西と東の駒場駅” の続きを読む

連載 ◎[目黒区・駒場] 駒場東大前駅・河野書店のあたり 第1回 駒場東大前駅の商店通りへ

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第1回「駒場東大前駅の商店通りへ」

“連載 ◎[目黒区・駒場] 駒場東大前駅・河野書店のあたり 第1回 駒場東大前駅の商店通りへ” の続きを読む

暮らしの動線にみつかる本屋

街の本屋さんという言い方はいつ頃から広まったのでしょうか。

昭和から平成にかけて少年だったボクには、街には本屋さんがあるもの、スーパーや病院のようにという、思い込みをして歳を重ねて来ました。

“暮らしの動線にみつかる本屋” の続きを読む

[レポート]手作業の製本現場 ─ 東和製本株式会社(埼玉・南鳩ヶ谷)

「本の文化」って誰かが言ってました。それって何だろう。なじみ深いものだけど、よくよくは知らないことが多いもの。今回は本というモノを作る仕事、製本所を訪ねまして、作業工程を聞いて参りましたのでご報告いたします。

“[レポート]手作業の製本現場 ─ 東和製本株式会社(埼玉・南鳩ヶ谷)” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第10回 3代目のクラリネット

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第10回は「3代目のクラリネット」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第10回 3代目のクラリネット” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第9回 町田パッション

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第9回は「町田パッション」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第9回 町田パッション” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第8回 浅草の俳書室(2)

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第8回は「浅草の俳書室(2)」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第8回 浅草の俳書室(2)” の続きを読む