連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第9回 町田パッション

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第9回は「町田パッション」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第9回 町田パッション” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第8回 浅草の俳書室(2)

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第8回は「浅草の俳書室(2)」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第8回 浅草の俳書室(2)” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第7回 浅草の俳書室(1)

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第7回は「浅草の俳書室(1)」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第7回 浅草の俳書室(1)” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第6回 俳人・田中よし雄と二の橋

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第6回は「俳人・田中よし雄と二の橋」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第6回 俳人・田中よし雄と二の橋” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第5回 目録『戦塵冊』

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第5回は「目録『戦塵冊』」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第5回 目録『戦塵冊』” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第4回 江戸の大火

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第4回は「江戸の大火」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第4回 江戸の大火” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第3回 深川の二の橋

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第3回は「本所深川の二の橋」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第3回 深川の二の橋” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第2回 守り神のタヌキさん

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第2回は「守り神のタヌキさん」。

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第2回 守り神のタヌキさん” の続きを読む

連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第1回 東京から離れた町・オダサガ

東京から離れた神奈川県相模原市の南端、小田急相模原駅からほど近い二の橋書店。県をまたいで今回は、下町に端を発する3代目店主・田中領さんからうかがった思い出を手がかりに、文芸の町・東京探しに参ります。第1回は「東京から離れた町・オダサガ」

“連載◎[深川・浅草/町田]東京へやや遠くなりぬ 二の橋書店:第1回 東京から離れた町・オダサガ” の続きを読む

連載◎[水道橋/神田・三崎町]神田三崎町と有文堂書店の100年。(第10回)歳月の気概(2)

うずたかくつまれた本のどこかに、東京のど真ん中、千代田区神田の歴史が見つかります。それは地元住民の息づかい‥‥。水道橋駅東口から数分の古書店・有文堂の店主・木下長次郎さんにきいた思い出ばなし。連載第10回は「歳月の気概(2)」。

“連載◎[水道橋/神田・三崎町]神田三崎町と有文堂書店の100年。(第10回)歳月の気概(2)” の続きを読む