東京のむかし追体験 寄稿集『東京府のマボロシ』内容紹介

ほろよいブックス『東京府のマボロシ 失われた文化、味わい、価値観の再発見』は、東京のむかしを追体験する現代の物語が集められています。

“東京のむかし追体験 寄稿集『東京府のマボロシ』内容紹介” の続きを読む

キオク堂!ひきだし書店【日本民俗学会第69回年会書籍販売コーナー出店】

仮装書店「キオク堂!ひきだし書店」限定2日間のオープンです。

2017年10月14日(土)と10月15日(日)に佛教大学紫野キャンパス(京都市北区紫野北花ノ坊町96)で行われる日本民俗学会第69回年会。会場では書籍販売コーナーが設けられます。小社も民俗学・文化人類学関連書を販売いたします(下記)。年会ご参加の研究者の皆様、公開シンポジウムにお越しのお客様、当日は「キオク堂!ひきだし書店」と銘打ちまして、ご来店をお待ちしております!

※この催事は終了しました。

“キオク堂!ひきだし書店【日本民俗学会第69回年会書籍販売コーナー出店】” の続きを読む

酒宴で日本が分かる?! 実験企画『酒運び 情報と文化を結ぶ交流の酒』

各地で催された「酒宴」を手がかりに日本人の芳醇な歴史を探ろう・・・! 江戸から近代に入って現代まで時代を網羅する実験企画『酒運び 情報と文化を結ぶ交流の酒』。

“酒宴で日本が分かる?! 実験企画『酒運び 情報と文化を結ぶ交流の酒』” の続きを読む

〈徳島大学総合科学部モラエス研究会〉宮崎隆義・寄稿─「外国人」の足跡から近代日本をひもとく手引き(2)

%e7%9c%89%e5%b1%b1%e5%b1%b1%e9%a0%82%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e3%83%a2%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%82%b9%e5%83%8f

あごひげ豊かな和服のおじさんの銅像を見上げるこれまた犬の銅像。ここは徳島県の観光スポット眉山にある公園。眉山にはたぬきを祀る神社があるそうですが、こちらの犬がみあげる人の名はモラエス(ヴェンセスラウ・ジョゼ・デ・ソーザ・モラエス、1854~1929)といいます。

モラエスの生涯に触れることもまた、日本の近代史に関心を持つきっかけになります。そこで今回は、徳島大学で活動されているモラエス研究会をご案内します。ご寄稿下さるのは、写真を送って下さいました徳島大学の宮崎隆義さんです。 “〈徳島大学総合科学部モラエス研究会〉宮崎隆義・寄稿─「外国人」の足跡から近代日本をひもとく手引き(2)” の続きを読む

伊地知紀子/著『消されたマッコリ。─朝鮮・家醸酒文化を今に受け継ぐ─』:豊潤なマッコリの味に隠された民族の誇りと差別の歴史。

消されたマッコリ書影

貧しき時代、町の片隅。求められた「朝鮮」の酒。起こされた事件。そして悲劇。

『消されたマッコリ。』は戦後大阪で起きた密造酒摘発事件である多奈川事件について、著者自身の記憶とフィールドワーク、そして多くの研究者が積み上げてきた草の根運動の成果を用いて、事件を掘り下げた物語です。

本書の挿絵は朴民宜さんにご提供いただきました。

“伊地知紀子/著『消されたマッコリ。─朝鮮・家醸酒文化を今に受け継ぐ─』:豊潤なマッコリの味に隠された民族の誇りと差別の歴史。” の続きを読む