病理観を考える最適な1冊 ──板橋春夫/著『生死(いきしに)』好評発売中

板橋春夫/著『生死(いきしに)』からの一節です。

私たちは祖父母や両親あるいは知人たちの死を間近に見ながら人生を送り、最後には自分自身が死にいたる。死の学習をするために人生儀礼はあると考えてみよう。すると、看取りや臨終に関して民俗学の果たすべき役割が多いことに気づくのである。

この本で分析する数々の人生儀礼は、日本の伝統的な「いのち」の営みです。珍しくなった光景を前に、むしろ今だからこそ考えるべきテーマがあるようです。医療を教える大学で本書をテキストに授業を行う鈴木英恵氏より解説していただきました。

“病理観を考える最適な1冊 ──板橋春夫/著『生死(いきしに)』好評発売中”の続きを読む

先立つ人から教わる「死」の現実。民俗の実例をたぐりよせ〝死の学習〟へ誘う ──板橋春夫/著『生死(いきしに)』

板橋春夫/著『生死(いきしに)』の初刷は2010年暮れのことでした。幸いにも本書は医療人を育てる大学での教材としての需要が生まれ、今春新たに第3刷を刊行できました。今回は目次詳細と、著者による各部解題をご案内します。

“先立つ人から教わる「死」の現実。民俗の実例をたぐりよせ〝死の学習〟へ誘う ──板橋春夫/著『生死(いきしに)』”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第10回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第10回は「本郷のペリカン」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第10回)─その思い出を聞く。”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第9回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第9回は「日本近代文学館への献本」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第9回)─その思い出を聞く。”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第8回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第8回は「貸本と夜店の古本屋」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第8回)─その思い出を聞く。”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第7回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第7回は「お店の風景」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第7回)─その思い出を聞く。”の続きを読む

書評掲載 西谷大/著『写真紀行 雲のうえの千枚ダム – 中国雲南・大棚田地帯 (キオクのヒキダシ1)』

西谷大/著『写真紀行 雲のうえの千枚ダム – 中国雲南・大棚田地帯 (キオクのヒキダシ1)』の書評が下記の紙面に掲載されました。心より厚く御礼申し上げます。

“書評掲載 西谷大/著『写真紀行 雲のうえの千枚ダム – 中国雲南・大棚田地帯 (キオクのヒキダシ1)』”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第6回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第6回は「私は本郷のペリカン書房の品川力であります。」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第6回)─その思い出を聞く。”の続きを読む

書評掲載 加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』

加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 (キオクのヒキダシ2)』の書評が下記の紙面に掲載されました。心より厚く御礼申し上げます。

“書評掲載 加藤幸治/著『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟』”の続きを読む

ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第5回)─その思い出を聞く。

東大前の本郷通りにそってお店の並ぶ途中にある小道「落第横丁」をごぞんじですか? その通りで営まれていた古書店と伝説の「本豪」(ほんごう)、品川力さんの足跡をたどります。連載第5回は「物静かなサービスマン」。

“ペリカン書房と品川力さんと、本郷の町。(第5回)─その思い出を聞く。”の続きを読む