連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前・第9回 駒場の木陰(3)─詩人・石田波郷のみた駒場─

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第9回「駒場の木陰(3)─詩人・石田波郷のみた駒場─」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前・第9回 駒場の木陰(3)─詩人・石田波郷のみた駒場─” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第8回 駒場の木陰(2)─日本近代文学館と高見順闘病日記─

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第8回「駒場の木陰(2)─日本近代文学館と高見順闘病日記─」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第8回 駒場の木陰(2)─日本近代文学館と高見順闘病日記─” の続きを読む

レポート:東京民藝協会3月例会 郷土玩具4「郷土玩具が集まってしまうと‥‥ 先人達の郷土玩具の部屋」講師 中村浩訳さん

☞レポート 2018年3月23日催事見学

東京民藝協会3月例会
郷土玩具4「郷土玩具が集まってしまうと‥‥ 先人達の郷土玩具の部屋」
講師 中村浩訳さん

“レポート:東京民藝協会3月例会 郷土玩具4「郷土玩具が集まってしまうと‥‥ 先人達の郷土玩具の部屋」講師 中村浩訳さん” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第7回 駒場の木陰(1)─旧前田邸・駒場公園─

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第7回「駒場の木陰(1)─旧前田邸・駒場公園─」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第7回 駒場の木陰(1)─旧前田邸・駒場公園─” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第6回 本郷から駒場まで

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第6回「本郷から駒場まで」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第6回 本郷から駒場まで” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第5回 駒場を通る

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第5回「駒場を通る」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第5回 駒場を通る” の続きを読む

連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第4回 由良君美の発信

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第4回「由良君美の発信」。

“連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第4回 由良君美の発信” の続きを読む

第3回 キオクのヒキダシをつくる ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より

琵琶湖・烏丸半島からの夕暮れ(撮影・金尾滋史)

滋賀県立琵琶湖博物館・篠原徹氏の著作『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江(キオクノヒキダシ3)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。(全3回)

“第3回 キオクのヒキダシをつくる ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より” の続きを読む

第2回 眼前のことどもを一行にこめて ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より

琵琶湖・烏丸半島からの夕暮れ(撮影・金尾滋史)

滋賀県立琵琶湖博物館・篠原徹氏の著作『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江(キオクノヒキダシ3)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。第2回(全3回)

“第2回 眼前のことどもを一行にこめて ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より” の続きを読む

第1回 歴史をしまい入れるもの ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より

琵琶湖・烏丸半島からの夕暮れ(撮影・金尾滋史)

滋賀県立琵琶湖博物館・篠原徹氏の著作『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江(キオクノヒキダシ3)』より、冒頭の「はじめに」をお読みいただけます。第1回(全3回)

“第1回 歴史をしまい入れるもの ●篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』より” の続きを読む