寺院に残された写真群を駆使して、僧侶たちの日中近代史をビジュアル化 ─『方鏡山淨圓寺所蔵 藤井靜宣写真集』『鳥居観音所蔵 水野梅暁写真集』

東亜同文書院と近代中国、近代日中関係、さらには戦前の在外高等教育機関を総合的に研究し紹介することを目的とする「愛知大学・東亜同文書院大学記念センター」のシリーズとして、希有な人物写真群『方鏡山淨圓寺所蔵 藤井靜宣写真集 ─近代日中仏教提携の実像─』が刊行されました。昨年刊行の『鳥居観音所蔵水野梅暁写真集 ─仏教を通じた日中提携の模索─』とともに内容をご案内いたします。

“寺院に残された写真群を駆使して、僧侶たちの日中近代史をビジュアル化 ─『方鏡山淨圓寺所蔵 藤井靜宣写真集』『鳥居観音所蔵 水野梅暁写真集』” の続きを読む