| 刊行情報 | 西村滋/著 [名著復刻]お菓子放浪記 戦争期を生きたシゲル少年 2019年10月下旬刊 社会評論社

天涯孤独のシゲル少年の心を支えたのは、甘いお菓子への憧憬だった─。戦争の敗色濃くなりゆく時代を背景に、過酷な運命を生きる少年の姿を描く名著復刻。

[解題▪西村滋さんと「お菓子放浪記」大竹永介 収録]

西村 滋(にしむら・しげる)1925年名古屋市生まれ。6歳で母と、9歳で父と死別し、以後放浪生活をする。1952年、処女作『青春廃業』を発表。『雨にも負けて風にも負けて』で第2回日本ノンフィクション賞、『母恋い放浪記』で第7回路傍の石文学賞を受賞。『お菓子放浪記』(1976年理論社刊)は全国青少年読書感想文コンクールの課題図書となり、同年木下恵介によってTBS連続ドラマ(人間の歌シリーズ)として放映される。2011年近藤明男監督によって「エクレール お菓子放浪記」として映画化された(シネマとうほく)。2016年5月21日逝去。

定価=本体1800 円+税 ISBN9784784511433 四六判並製420 頁
2019年10月下旬刊行予定


購入サイト(外部リンク)予約受付中


投稿者: 社会評論社 特設サイト 目録準備室

社会評論社メール book@shahyo.com