| 刊行情報 | 池田清/著 神戸 近代都市の過去・現在・未来 ─災害と人口減少都市から持続可能な幸福都市へ─ 2019年9月 社会評論社刊

「モダン都市」では行き詰まる。
神戸市の未来像を提言。

カバー画◆Y.コジマ『こうべ港眺望』(1938年)神戸市立博物館蔵
カバー画◆Y.コジマ『こうべ港眺望』(1938年)神戸市立博物館蔵

本書概要

「モダン、ハイカラ」の近代都市神戸。しかし意外にも神戸市の「幸福度」は大都市の中で低いランクです。なぜか。本書は、軍事港湾都市から経済都市へと歩んだ都市づくりの問題を検証し、新たな神戸像「持続可能な幸福都市」を提言するものです。 〈近代都市論、神戸の歴史〉

いけだ・きよし 経済学博士(京都大学)。役所勤務を経て北九州市立大学法学部教授、下関市立大学経済学部教授、神戸松蔭女子学院大学教授を歴任。専門は都市政策、地方自治。著書『災害資本主義と復興災害』水曜社ほか。

本書構成

第1部(過去) 「軍事港湾都市」神戸 -「植民都市」と「皇国都市」-

第1章 近代日本と神戸の歴史的地政的位置

第2章 近代的「植民都市」神戸 -大兵庫県の誕生と神戸居留地-

第3章 市区改正(都市計画)と市民の貧困化

第4章 軍事港湾都市神戸と軍需産業

第2部(現在) 「経済都市」神戸 -神戸市政と都市経営の検証-

第5章 神戸市都市経営の源流 -「大神戸の経営」と植民地型都市開発-

第6章 宮崎辰雄神戸市政の検証(1) -神戸市都市経営と都市社会主義-

第7章 宮崎辰雄神戸市政の検証(2) -コミュニティ政策と労務管理-

第8章 阪神大水害復興と戦災復興、阪神・淡路大震災復興

第3部(未来) 「平和・文化・環境都市」神戸 -持続可能な幸福都市へ-

第9章 非核「神戸方式」と安全保障法制

第10 章 人口減少時代と持続可能な幸福都市

終 章 神戸の都市イメージと多様性

A5判並製272頁 定価=本体2400円+税 ISBN978-4-7845-1574-5
2019年9月発売予定 社会評論社

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

社会評論社メール book@shahyo.com