連載 ◎ [豊島区・長崎]センセイも歩いた椎名町 第7回 トキワ荘通り

第7回 トキワ荘通り

トキワ荘通りは豊島区南長崎にむかしから庶民の暮らしを支える店の並びが続く長い道のことでして、「目白通り二又商店会」と「南長崎ニコニコ商店街」とがともに手を取り合っています。

数年前に作られた『写真集トキワ荘通り』は30頁ほどの紙面に、戦後の商店街が辿った様子がこの大通りに暮らした方々からの写真が当時の活気を甦らせています。表紙には石塀に沿ってよいしょっ!と力んで投げる少年のボールをキャッチし投げ返す若者の背後に実際のトキワ荘が写っています。ほかに二又交番の隣にあった椎名町書店や、落合電話局そばの貸本屋・ダイヤ書房の写真もありました。

手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄、鈴木伸一、森安なおや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水野英子、よこたとくお、山内ジョージ‥‥多くの読者を夢中にさせたマンガ家たちの青春の舞台として語りつがれるトキワ荘が建っていた当時の町名は椎名町。ファンは今もその面影を追って跡地を訪ねに来ます。

せっかく訪れて来る流れを歓迎し、街の活気を取りもどす地域興しをしようと、2009年の春に記念碑「トキワ荘のヒーローたち」が南長崎花咲公園に建てられました。豊島区に要望書を提出した地域の取り組みの成果でした。トキワ荘があった事実を後世に伝える意義を広く知らせる旗印です。

南長崎花崎公園内の記念碑「トキワ荘のヒーローたち」

すでに豊島区中央図書館がサンシャインシティから近い東池袋に移転した折にトキワ荘コーナーが作られており、その刺激も受けて地元でもがんばろう!とトキワ荘通りの取り組みは本格的に始まり、以来多くのファンや作家志望の夢を育てるスポット作りやイベントの企画が飛び出しています。

としま南長崎トキワ荘共働プロジェクト協議会の広報を担う小出幹雄さんが、ことしの豊島区中央図書館報・図書館通信で綴る「豊島区とマンガ」の記事(PDFファイル)には、トキワ荘通りにファンをこれからも出迎え続けるため、戦前に池袋の各地に生まれたアトリエ村・通称池袋モンパルナスの人々や、岡本一平や山田みのる、宮尾しげおといった児童マンガの系譜をも視野に入れた地域文化のさらなる掘り起こしに注力する考えがうかがえます。

2020年春には、「現代アニメの原点はマンガであり そのマンガの原点はトキワ荘にあります マンガの聖地としまを象徴するマンガとアニメをつなげる施設を整備します」として、トキワ荘を復元したミュージアムの計画を豊島区が公表しています。(https://www.city.toshima.lg.jp/artculture/brand/tokiwaso/museum.html

こうした取り組みは、トキワ荘を知らない新しい世代や外国からの観光客にもアニメとマンガの聖地、縁の深い町の魅力が伝わって行くことでしょう。

スエヒロ堂時計店まえ

トキワ荘通りにはかつて地元や他からの訪問客の人々で活気を呼ぶお祭りや催事で盛り上がっていた時代がありました。話をうかがうと、まだトキワ荘通りという通称ができることなど想像できなかった昭和29年(1954)に、小出幹雄さんのお父様、小出倹治さんが家業の時計店、スエヒロ堂時計店の看板を出した時ですら、大正時代からの商店街の地元では新参者であったのだそうです。しかし親子代々、商店街や町内会の人と人とのつながり、交流を何より大事に活動してきた生活の土台が今のトキワ荘通りにつながっていくことをうかがい知れます。

ことし60歳の小出さんが子どもの頃の椎名町というと、トキワ荘の建つ辺りに第一マーケットと呼んだ一画があり、魚や肉、野菜や味噌、乾物や惣菜を目方売りする露店が出ていました。その第一マーケットの様子をトキワ荘に暮らしたセンセイの一人、石ノ森章太郎先生が「あかんべえ天使」(1962年作)に懸命に生きる人々の姿を描く舞台に選んでいます。

椎名町は4のつく日が子育て地蔵さんの縁日が立ち賑やかさは巣鴨に負けなかったそうです。椎名町駅の向こうでは長崎不動尊の縁日が8の日ですから、この界隈だけでに縁日が楽しめたわけなんですねぇ。

トキワ荘通りお休み処 企画展示も見どころ

前 回 ← → 次 回


文責・板垣誠一郎


2018年7月配信開始!
センセイも歩いた椎名町

第1回 ピカピカの町の本屋さん
第2回 春近書店・林博之さんに聞いた思い出話
第3回 縁日のキオク
第4回 小沢昭一さんも歩いた椎名町
第5回 春近書店 先代・甲子男さんの20代
第6回 伊藤榮洪先生も歩いた椎名町
第7回 トキワ荘通り
第8回 谷端川
第9回 池袋モンパルナスを受け継ぐ
第10回 目白最古の BAR なすび


紹 介

時計専門(販売・修理)

スエヒロ堂時計店

〒171-0052 東京都豊島区南長崎3-9-21
電話 03-3951-9485

小出幹夫さんTwitter

https://twitter.com/suehiro8oriheus


豊島区トキワ荘通りお休み処

http://www.toshima-mirai.jp/tokiwaso/index.html

〒171-0052 豊島区南長崎2-3-2
TEL:03-6674-2518


トキワ荘通り周辺マップ

http://www.toshima-mirai.jp/tokiwaso/area/index.html


椎名町駅から徒歩

春 近 書 店

haruchika-shoten

「日本の古本屋」URL:
https://www.kosho.or.jp/abouts/?id=12060470

住所:東京都豊島区長崎1-5-2
営業時間:12時〜20時
定休日:月曜日・特例として大雨の日
mail:harutika@qg8.so-net.ne.jp
TEL:03-3957-5454
FAX : 03-3530-5315

夜の春近書店(撮影 板垣)


社会評論社・刊







投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。