時代と世代を超えて導く啄木文学 ─長浜功氏の仕事◆石川啄木評論3部作

作家・長浜功氏が手がける石川啄木評論集はこれまでに3作が小社から刊行されています。文学研究者、啄木ファンには必読の三部作の詳細をご紹介いたします。


石川啄木という生き方  二十六歳と二ヶ月の生涯(2009年)


はじめに

最初に断っておきたいことは本書は石川啄木に関する「人物論」だということだ。文芸論や作家論は専門家に任せて、本書は専ら石川啄木という夭折の人物像を追ったものである。

石川啄木が二十六歳と二ヶ月という若さで亡くなってからまもなく百年になる。数多い啄木研究の成果によってあらゆる角度から研究し尽くされて余人が入り込む隙がないのかも知れない。しかも啄木ほど評伝の多い人物も珍しい。どんなに有名でも伝記というのは、ある個人について書かれるのは多くて二、三冊である。ところが啄木について言えば大正時代から今日まで何十冊もの評伝があり、ともかく文学界では傑出した人物であることは言うを待たない。

そういう立錐の余地もない世界に、なんでまた一介の素人ごときが入り込もうとするか、と尋ねられれば尻込みするしかないが、やや大胆に言えば少し新しい視点で見直したかったから、ということに尽きる。一つの資料でも見方や角度を変えれば解釈はかなり異なったものとなってくる。

例えば啄木の日記や書簡は有名で、啄木の人生を伺う重要な役割を果たしてくれる。しかし、この日記や書簡も啄木の言い分を鵜呑みにすると火傷を負うことになる。さらに、これまでの啄木評価が大先生といわれる大物や小物の言い分を鵜呑みにして歪んだ啄木像を増幅させていることもあって、一度、別の角度から啄木像の洗い直しを試みたかった、ということもある。

基本的には資料を中心に極力事実に即した分析を試みたが、なかには事実と事実の間隙を埋めなければならない場面は避けられず、その場合には私の視点つまり解釈を導入した。また、文体に弾力性をもたせる為に資料を直接引用せず、これを間接的に表現するという試みを加えたところもある。これまではそうした手法は極力排し客観的記述に留まるよう終始してきたが、それでは啄木の人間性を捉えることには限界があり、むしろこの壁を取り払った方が啄木像により近づけるという判断に立ってのことである。

だから本書は小説とドキュメントの間に位置するものと考えて頂いていい。ただ、姿勢としては極力、客観的な記述にする心がけを終始忘れないようにしたことは付け加えておきたい。

多くの日本人に夢や希望を与える歌を遺してくれた若き歌人、石川啄木の人間的生き方を改めて見つめ直す契機になってくれればと願っている。

二〇〇九年七月一日
長浜 功


目次

はじめに

序 夭折の章

1 誕生年
2 いきなりの晩年
3 病魔の前兆
4 夭折
5 啄木の生涯

Ⅰ 山河の章

一 渋 民
1 野鳥動物園
二 少年時代
1 恵まれた環境
2 小学校生活
三 盛岡中学時代
1 悪童
2 文芸熱
3 退学
4 恋の道

Ⅱ 青雲の章

一 東京新詩社
1 与謝野鉄幹
2 詩人達との交流
3 生活の暗雲
二 『あこがれ』
1 石川白蘋
2 作品の評価
3 雅号「啄木」
4 模索
5 『あこがれ』出版
6 まぼろしの著作
7 住職罷免
8 節子との結婚
9 『小天地』第一号
10 破綻
三 忍 従
1 渋民回帰
2 代用教員
3 村人との反目

Ⅲ 流浪の章

一 函 館
1 一家離散
2 函館「苜蓿社」
3 橘智恵子への思慕
4 宮崎郁雨
5 「函館大火」
二 札幌・小樽時代
1 北門日報
2 野口雨情の証言
3 初出勤
4 有島武郎とのスレ違い
5 小樽日報社
6 歌うたうことなく
7 退社
三 釧 路
1 流浪の果て
2 さいはての地
3 新編集長の手腕
4 飲酒溺色
5 残された家族たち
6 釧路離脱
7 最後の上京

Ⅳ 懊悩の章

一 再 起
1 小説一筋
2 金田一京助の支援
3 死への誘惑
4 二つの恋
(1)植木貞子の場合
(2)菅原芳子の場合
二 放 蕩
1 新聞連載実現
2 「塔下苑」紅燈
3 朝日新聞校正係
4 ローマ字日記
5 ローマ字日記の再評価
6 家族の上京

Ⅴ 閉塞の章

一 葛 藤
1 確執
2 「里帰り」事件
3 化石
4 言論統制
5 幸徳事件
6 閉塞の時代
二 病 臥
1 『一握の砂』
2 土岐哀果
3 雑誌『樹木と果実』
4 病臥

Ⅵ 蓋閉の章

一 暗 雲
1 苦悩
2 一禎の家出
3 「不貞」騒動
4 義絶
5 和解
6 決別と敬遠
二 残 照
1 義絶の果て
2 母の死
3 『悲しき玩具』
三 蓋 柩
1 臨終
2 葬列
3 残照
4 出納簿
5 房州北条
6 再びの青柳町
7 墓標

あとがき
啄木同時代人物一覧
参考文献・資料一覧
啄木簡略年表

◆次のページでは、第2作『啄木を支えた北の大地 北海道の三五六日』を紹介

石川啄木という生き方 二十六歳と二ケ月の生涯

石川啄木という生き方
二十六歳と二ケ月の生涯

長浜功/著307頁・A5判2段組
定価=2,700円+税

購入サイト(外部リンク)
Amazon 】【 honto 】【 e-hon
HonyaClub.com 】【 紀伊國屋書店
TSUTAYA online
セブンネットショッピング
ローチケHMV 】【 楽天ブックス 】【 BOOKFAN

 

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。