〈紹介〉アジアの優れたドキュメンタリーを動画配信 アジアンドキュメンタリーズ

8月サービス開始
http://asiandocs.co.jp/


アジアンドキュメンタリーズ8月編成資料より転載

ドキュメンタリーの可能性をあなたに。

ドキュメンタリーは、アジアで生きる人々の現実を切り取り、ドキュメンタリー作家の視点で構成することで、多くのメッセージを届け、あるいは問題を提起し、あなたに考え るきっかけと価値を与えてくれます。

「 衝撃 」「 感動 」「 覚醒 」 ── 。 優れたドキュメンタリーがあなたを揺さぶる。

さまざまな映像コンテンツが増える一方で、ドキュメンタリーを一度も見たことがない人が増えています。ドキュメンタリーが衰退しているのではないか。私たちには、そんな危機感がありました。人生を豊かにしてくれるはずの優れたドキュメンタリーが無数の映像に散逸し、埋もれさせることは大きな損失です。だからこそ、私たちはひとつひとつ作品価値を確かめながら埋もれた名作を掘り起こし、こだわりのラインナップで配信します。

❖アジアの優れたドキュメンタリーを高画質で配信

❖ 毎月厳選してお届けする“特集編成”と“オリジナル解説”

❖月額900円(税別)で全作品見放題

❖作品ごとの視聴は450円(税別)

❖ 2 018年8月サービス開始予定

【 特集編成 】ジャンル・テーマごとに「 特集 」を組み、関連する作品を複数本まとめて ご覧いただくことで、作品を比較しながら楽しめ、テーマを深掘りすることができます。

【オリジナル解説】オリジナルの解説記事で作品の魅力をわかりやすくご紹介。また、作品によっては、無料で視聴できるオリジナル解説動画もご用意いたします。


日本人は、アジア人 。

日本の新時代は、アジアとともにある。

目覚ましいアジアの発展は、私たちの想像を超え、凄まじい勢いで、 あらゆる変化をもたらしています。

しかし同じアジア人でありながら、私たち日本人は欧米に対する意識に比べ、まだまだアジアへの関心が高いとはいえません。

ともすれば、高度経済成長時代の成功体験を引きずったまま、いつまでも日本がアジアで優位を保っていると錯覚しがちです。

日本を訪れる外国人の8 5 %、日本で働く外国人の7割近くがアジア諸国の人々です。

日本とアジアとの関りは、日本人の意識の変化以上に実生活レベルで急速に深まっています。

今後、確実に「もっとアジアを知りたい」というニーズが高まってきます。

私たちはアジアの現実を知り、アジアの隣人と相互理解を深めることで、日本のなすべきことや、これからのあるべき姿に気づくことができるのではないでしょうか。

数々の優れたアジアのドキュメンタリーは、そうした大切なことを私たちに示唆してくれます。

私ども株式会社アジアンドキュメンタリーズは、優れたアジアのドキュメンタリーを世界へ配信、アジアでドキュメンタリー制作者ネットワークの構築をめざす日本の新しい映像配信会社です。

配信するコンテンツは、アジア各国で作られたドキュメンタリー映画を中心に、当社オリジナルのコンテンツもラインナップに加えていきます。

【配信・運営】

株式会社 アジアンドキュメンタリーズ
〒107−0051 東京都港区元赤坂1-1-7
TEL & FAX 03-6876-2298

【お問い合わせ】

info@aisandocs.co.jp

 


※本投稿は、アジアンドキュメンタリーズ様提供の記事を転載したものです。

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。