|| 無料公開 || 加藤幸治著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』序文

加藤幸治著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』刊行を記念しまして冒頭「はじめに」無料公開します。


加藤幸治/著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』
「はじめに」全文


1.ネット情報 いま・むかし

 

現代はシェアの時代ともいわれます。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が普及するなかで、個人がカメラと短い言葉で経験をリアルタイムに、そして気軽に発信することができるようになりました。その投稿の集積が、他者の投げかけと混ざりながら拡散していくとともに、自分の興味関心や価値観の主張として連なっていく感覚が、そこにはあります。

現代は文化の時代ともいわれます。世界遺産や歴史的な名所には国内外からの観光客が足を運び、大規模な展覧会には海外から来日する作品を目あてに長蛇の行列ができます。多くの人々が旅をよりパーソナルな動機にもとづいて行うようになり、何を見たいかはメディアによってもたらされる情報に大きく左右されるようになっています。

こうした時代にあって、わたしたちは歴史や文化についての情報に容易にアクセスできるようになり、実際に足を運んでそれにふれることも計画しやすくなりました。そして、実際に現場に赴き、その経験を手軽にシェアできるようにもなりました。

しかし、その歴史や文化にかんする情報は、インターネットを開けば圧倒的な量で得られる一方で、その内容は思いのほか均質なものであることに驚かされます。ひとむかし前のインターネットとの付き合いかたは、誰かわからないような人が適当に書いたものより、当事者や専門家の書いた“ちゃんとした情報”を探すというものでした。それに対し近年は、多くの人の手が入って編集された情報が転載されつづけて拡散していき、結果としてオリジナルが不在な、何となくしっかりした情報が遍在しているような状況にあるように、わたしにはみえます。そのわかりやすさは、情報を吟味する力を減退させるだけでなく、正しいとされる情報をそのまま受け入れて満足感を得ることに馴れてしまうことにつながり、思考停止状態を生みだします。

次のページ 2. “わかった”と思った瞬間が一番危うい!?

 

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。