|| 内容詳細 || 加藤幸治著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』

加藤幸治著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』が発売です。11章から構成した本書は、世界規模の文化的な遺産や、国内の文化財や博物館が著面する課題を考えて行きます。それがいかに現代社会がかかえる問題と結びついているか‥‥学芸員の立場から分かりやすく説く入門書です。以下、内容を詳しくお伝えします。

加藤幸治/著
文化遺産シェア時代
価値を深掘る“ずらし”の視角

2018年3月下旬刊 A5判並製・本文2段組192頁
定価=本体1,800円+税 ISBN978-4-7845-1738-1


目 次


各章は“ずらし”の視角で前半と後半とに分けられています。課題を各自それぞれに“ずらし”て考えることて、取り組む楽しみ、地域とのつながりを見いだせるかのヒントを教えてくれます。

 

第1部 文化・歴史・遺産


第1章 「平和のとりで」の構築

“ずらし”の視角 人類普遍の価値 ➡ こだわりの面白いもの探し

1 世界遺産が守りたいもの

  • ユネスコの世界遺産活動
  • 日本の世界文化遺産

2 人類普遍の価値からこだわりの旅へ

  • 世界遺産「厳島神社」と聖域としての宮島
  • 神体島としての宮島と御島廻り式
  • 文化をめぐるレッテルとのつきあい方

第2章 文化変容のダイナミズム

“ずらし”の視角 かたくなに守る伝統文化 ➡ いまを生きる文化

1 無形文化遺産が守りたいもの

  • ユネスコの無形文化遺産活動
  • 日本の無形文化遺産
  • セーフガーディング

2 伝統文化を現代文化としてとらえる

  • 農林水産行政と食文化
  • グッド・プラクティス

第3章 歴史的出来事の〝証人〟

“ずらし”の視角 書き留められた歴史 ➡ 共有されていく歴史

1 世界の記憶が守りたいもの

  • 可動文化財の保護
  • 日本の世界の記憶
  • 世界の記憶とポリティクス
  • 記録遺産の保護と活用

2 記録遺産のデジタル化とデジタル記録の保存

  • デジタル・ヘリテージ?
  • デジタル・ヘリテージの目指すもの
  • オープンデータ戦略

第4章 持続可能な社会の実現

“ずらし”の視角 かれらが継承する文化 ➡ 自分と向き合うための文化

1 文化的多様性と多文化主義 

  • 文化的多様性の守りたいもの

2 アイヌの文化継承 

  • 異文化表象の落とし穴
  • アイヌ文化継承の最前線としての二風谷
  • 思索の場としてのチプサンケ
  • 現代の民族概念

第5章 生物多様性と文化多様性の結節点

“ずらし”の視角 開発vs. 文化 ➡ 生物多様性+ 文化的多様性

1 世界農業遺産が守りたいもの

  • 日本の世界農業遺産

2 開発と文化

  • グローバル化時代における水資源の重要性
  • 河川開発と文化資源をめぐる動き
  • 紀ノ川流域における文化と開発
  • 親水イメージの創造

第2部 文化財・博物館・学芸員


第6章 保存と活用のジレンマ

“ずらし”の視角 文化財を使って観光化 ➡ わたしたちの歴史・文化ストーリー

1 文化財の体系とそれを超えるストーリー

  • 文化財の体系と保護のための仕組み
  • 文化財のカテゴリを超えていくためのストーリー

2 文化財保護とまちづくり

  • 保存と活用のジレンマとナショナリズム批判
  • 文化財保護制度の転換期

第7章 眼前の風景に見出す意味

“ずらし”の視角 風景としての見栄え ➡ 物語へのオマージュ

1 土地に刻まれた文化財

  • 不動産の文化財と名勝のカテゴリ

2 “まなざし”によって見出す景勝地 

  • 南方熊楠が生きた研究とフィールドワークの人生
  • 南方熊楠の顕彰と追体験
  • ストーリーで価値づける名勝
  • 歌枕の伝統を現代に

第8章 地域博物館の理想と現実

“ずらし”の視角 地域文化の収蔵庫 ➡ 文化創造と交流の広場

1 地域博物館論と住民参加

  • 博物館と現代社会
  • 地域博物館論
  • 住民参加のレベル

2 地域博物館論再考

  • 疲弊する地域博物館
  • 等閑視されてきたローカルな文脈
  • 地域博物館論の陳腐化
  • 文化財と教育の枠組みの相対化
  • ジオパークとジオ・ミュージアム
  • ミュージアムのサード・ウェーブ

第9章 研究が作り出す文化財

“ずらし”の視角 埋もれた文化 ➡ 掘り起こし編集する文化

1 学芸員的な調査研究 

  • 地域博物館の学芸員の調査研究
  • 研究者の意図と地域住民の意図のずれを生かす
  • 民俗誌とコレクション

2 民具と有形民俗文化財

  • 有形民俗文化財の対象
  • 東北地方の重要有形民俗文化財
  • 民具の特質
  • 有形民俗文化財の特質
  • 民具コレクションの整理と管理
  • 地域博物館の学芸員ならではの研究

第10章 協働につなげる価値の掘り起し

“ずらし”の視角 専門家が描く歴史 ➡ 身の丈にあった歴史

1 市民の関心のなかに資料を投げ込む

  • ニュー・ミュージオロジー以降の博物館
  • 多民族国家カナダにおける多文化主義と博物館
  • 現代の地域博物館における学芸員の役割

2 負の遺産を相対化するキュレーション 

  • 絵はがきという“ 使いにくい”資料
  • 絵はがきの展覧会とワークショップの実践
  • 交流の場と飯坂の魅力再発見/文化創造のインタラクション

第11章 文化における「より良い復興」

“ずらし”の視角 被災文化財を救う ➡ 復興まちづくりの素材づくり

1 東日本大震災における文化財レスキュー活動

  • 救援委員会による文化財レスキュー
  • 宮城県における民俗資料の被災の全体像
  • 文化財レスキューの現場が多い理由
  • 文化財防災のためのネットワークづくり

2 文化財レスキューから文化創造活動へ 

  • 文化財レスキュー活動の実際
  • 復興まちづくりにおける文化創造活動
購入サイト(外部リンク)

◆本書の冒頭を公開中です! ぜひご覧下さい。

|| 無料公開 || 加藤幸治著『文化遺産シェア時代 ─価値を深掘る“ずらし”の視角』序文


■著者紹介 : 加藤幸治(かとうこうじ)東北学院大学文学部歴史学科教授・同大学博物館学芸員。専門は民俗学、とくに物質文化論。静岡県出身。総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻(国立民族学博物館に設置)修了、博士(文学)の学位取得。第17回日本民具学会研究奨励賞(2003年)・第21回近畿民具学会小谷賞(2003年)・第16回総合研究大学院大学研究賞(2011年)を受賞。現在、文化遺産防災ネットワーク有識者会議委員、日本民俗学会第31期理事、日本民具学会第17期理事ほかを務める。主な著作として、単著に『郷土玩具の新解釈 無意識の“郷愁”はなぜ生まれたか』(社会評論社、2011年)、『紀伊半島の民俗誌 技術と道具の物質文化論』(社会評論社、2012年)、『復興キュレーション – 語りのオーナーシップで作り伝える〝くじらまち〟 』(社会評論社、2017年)、共著に 国立歴史民俗博物館編『被災地の博物館に聞く』(吉川弘文館、2012年)、日高真吾編『記憶をつなぐ 津波災害と文化遺産』(財団法人千里文化財団、2012年)、橋本裕之・林勲男編『災害文化の継承と創造』(臨川書店、2016年)ほかがある。

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。