連載 ◎ [目黒区・駒場]河野書店のあたり駒場東大前 第5回 駒場を通る

 

江戸のころには将軍家の御鷹場として知られ、明治から練兵場が造られもした駒場の地。今では東京大学駒場キャンパスや日本民藝館や日本近代文学館が建つ知的で閑静な地域。駒場東大前駅からすぐの河野書店で一息つきながら、東京の昔を探しに出かけましょう。第5回「駒場を通る」。


第5回

駒場を通る

 

東京大学駒場キャンパス(2018年2月撮影)

 

河野書店が取り扱う洋書の分野はお店の顔なンでしょう。あいにく洋書棚をじっくり見ておらず勝手なことはいえません。河野さんが綴るブログでは、外国人のお客さんが時折顔を出しているのは、洋書取り扱い店だからこその入りやすさだったりもするのでしょうか。

聞く所では、洋書の取り扱いは開業する時代には競合相手が少なかったそうです。河野書店がスタートした1983年辺りは、本を産業として見た場合には新商品(新刊書)が年間に発売される数(銘柄)がその10年前(1973年)、20年前(1963年)と比べてどんどん伸びており、売上(販売部数)もそれに応じて上昇していました。本が世の中に出回っていたのですから、それを売るお店も多かったはずです。(参考、出版科学研究所『2017年版 出版指標年報』)

インターネットが暮らしに密着した今では想像しにくいことですが、洋書を買うのも難しいことだったそうです。洋書と言っても専門の研究書を揃えることで、大学の研究者からの需要が見込める。

河野さんが開店以来今も驚かされているのは、駒場の町は思いの外、人通りが少ないそうで、東京大学は近く、渋谷の街にも井の頭線でも歩いてでも遠くないのに、店の前の通りはいつも静か。

そう聞くと、ボクは自分が観光者だと痛感します。民藝館や大きな公園と高級住宅地で囲まれた静かな町並みは、観光者からすると羨ましいのですが、ここでお客さんを出迎える立ち場には大変なことですね。

かつて商店会は4つあり、駒場商店連合会、西駒場商店会、駒場バス商店会、東大前商店会と、その往時が偲ばれます。

今は駒場文化推進委員会と銘打ち町の活性化に励む人たちもいるンだよと教えてもらいました。

ところで、1990年代まで東大駒場寮と呼ばれた寮生活があり、中には銭湯帰りに夜お店をのぞきに来ていた学生もいたそうです。風呂上がりにその日に読む本を買うなんてかっこいいなぁ。ある時は寮生からの買い取りの依頼で河野さんが東大駒場寮に出向いて行ったのですが、残念、コミックが多くて河野書店向きではありませんでした。

東大駒場寮廃止に反対する〝廃寮反対ストライキ〟はテレビニュースとして報じられ世間の注目が集まったようです。商店通りのようす、どうだったんでしょうか。

芳賀徹『きのふの空 東大駒場小景集』、高橋健而老『回想の東大駒場寮』など、東大駒場に材をとる当事者の思いが本になって残されています。

東大と縁もゆかりもないボクは、東大の名を聞いただけで恐れ多い気持ちがします。いったい何のすりこみなのでしょうか‥‥。

キャンパス出入り口にさしかかると、「ここから入って行ったら駅前まで近道そうだなぁ」とは内心で思っても、いざ守衛の方が待機するのが判るやそそくさと小走りをしてしまうから情けない。

駒場の町を日常に暮らしていたら、ちょっとご免ヨと門から入って行きたいところでしょうけど、ここいらに住めてもできないな、ボクは。

ある日、守衛の人がそうしたショートカットさんを呼び止めました。「ちょっと、ちょっとぉ。困りますよ。近道じゃないんですからぁ」

相手は買い物袋を自転車カゴに入れ、しかも背に子どもをおんぶしてるお母さん。必死の形相で守衛をジロッとにらみ返す。

「こっちは家事で大変なンです。ここは東大の教養学部でしょう? 少しくらい許容して下さいナ」

・・・なんて人はおりませんヨ。

駒場東大前駅西口からすぐに東大キャンパスがある

(つづく)

第4回 ← → 第6回

文責・板垣誠一郎


河 野 書 店 kono-shoten
〒153-0041
東京都目黒区駒場 1-31-6 
TEL:03-3467-3071
FAX:03-3467-3071 

ホームページ http://www.kosho.ne.jp/~kono/
お店の場所 http://www.kosho.ne.jp/~kono/access.html

お店の営みを綴るブログ ブログ「河野書店NEWS」


〈2018年1月配信開始!〉 
河野書店のあたり駒場東大前
第1回 駒場東大前駅の商店通りへ 
第2回 西と東の駒場駅
第3回 開業の1983年
第4回 由良君美の発信
第5回 駒場を通る
第6回 本郷から駒場まで
第7回 駒場の木陰(1)─旧前田邸・駒場公園─
第8回 駒場の木陰(2)─日本近代文学館と高見順闘病日記─ 
第9回 駒場の木陰(3)─石田波郷が詠んだ駒場の町─
第10回 蔵書の引き取り


投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。