東京のむかし追体験 寄稿集『東京府のマボロシ』内容紹介

ほろよいブックス『東京府のマボロシ 失われた文化、味わい、価値観の再発見』は、東京のむかしを追体験する現代の物語が集められています。

装釘・臼井新太郎

現代を生きるモダンガール淺井カヨ氏の特別寄稿をはじめ、幻の「1940 TOKYO ORINPIKU」にまつわる「幻の東京オリンピック盃」秘話、アメリカが生んだ氷産業と函館氷の歴史を掘り起こした「慶応三年のパリ万博」はバーテンダー必読の物語、内田誠をめぐる文人の交流曼荼羅「「会社員」内田誠とスヰート」などなど、368ページいっぱいに詰め込んだ”東京のむかし”。今を生きるわたしたちに新しい楽しみを教えてくれます。


本書口上


「時に、伺うが、金は東京のどこに置いてあるのだ。」「東京?」「江戸でいい。」「ははあ、江戸なんて、もう地図の上にはなくなっている。」
大佛次郎「新東京絵図」(『鞍馬天狗』第六巻、中央公論社版、一九六〇年)より

引用は、敗戦後『苦樂』という雑誌で当時の人気ヒーロー鞍馬天狗が活躍するお話「新東京絵図」からの一節。舞台は徳川幕府が倒れて日の浅い混沌とした東京。物語の終盤、両者にらみ合いの中で作者・大佛次郎は主人公に「ははあ、江戸なんて、もう地図の上にはなくなっている」と言わせます。地図を変えてしまう為政者と庶民との間には、とかく隔たりができますようで…。

江戸が東京に名を変えますのが明治維新。維新という言葉は今もお好きな向きがございます。まア庶民は維新より地震の方が気になるところ。東京はトーケイだトキオだTOKYOだ色々呼ばれますが、そもそも京都から見て東の京。現在は首都らしく東京都でございますが、昔は府がついていた。京都府、大阪府、そして東京府。東京に都をつけたのは戦争中からなンだそうですナ。

江戸から東京、東京府から東京都。和暦で申しますと明治、大正、昭和の前期。西暦ならば1868年から1943年。いわゆる近代史でございます。大人のワレワレには、お酒を片手にこれを学ぶ自由がある。ほろよい見える東京府のマボロシ。本書少々長丁場でございます。お酒におつまみ、酔い覚ましのお茶もご準備下さいませ。まずは目次でご機嫌うかがい。銘々並びました話からお気の向くままお進み下さい。さア、口開けといたしましょう。


目 次


第一部 水

モラエスの夢 葡萄牙国領事モラエスと第五回内国勧業博覧会

宮崎隆義 寄稿

まずはメニュー/ヴィーニョ◦つまりはポルトガルワイン/エントラーダ(前菜)◦ゆかり話/ソッパ(スープ)◦少々経緯をぐだぐだと/メインディッシュはペイシェ(魚)とアローシュ(米)◦ 海の男モラエスとお米とお魚の国日本/デザートとカフェ◦余韻
品川・高輪、酒をめぐる事件簿 幕末江戸の外国人と酒

吉﨑雅規 寄稿

江戸の「大使館街」/品川の大トラ/江戸の歓楽街/江戸っ子に変装した外国人/酒くさいマドロス/正史からこぼれる滴
慶応三年のパリ万博 氷はいかにしてカクテルに投じられたか

石倉一雄 寄稿

「なぜ、氷?」/「十四年の空白」が意味すること/中川嘉兵衛と五稜郭/安かった天然氷/人造氷と天然氷/氷と宗教の微妙な関係/「アイス・キング」フレデリック・テュードル/意外な自然の保冷剤─さまざまな創意と工夫の末に/アメリカと氷ビジネス/そして、カクテル
江戸から東京へ下水をたどる 下水道の百三十年

栗田彰 寄稿

【江戸】川柳が描く下水道/【江戸】水を大切につかっていた/【明治】銀座煉瓦街の下水道/【明治】コレラと神田下水/【明治】東京府とW・K・バルトン/【大正・昭和】近代下水道工事/これからの下水道
銀座煉瓦街と覗きからくり 銀座通りは見世物町

坂井美香 寄稿

マボロシの見世物装置/銀座異聞─山田風太郎「幻燈煉瓦街」/なぜ浅草ではなく銀座なのか?/からくり儀右衛門/東京銀座煉瓦街/銀座に見世物が入った?─空き家対策/空き家の問題化?─東京市史稿資料からの推測/資料からみえた見世物の様子/見世物が出た背景/昼夜目鏡─夜がたちまち昼になる!/「銀座通りは見世物町」─銀座には似合わない?/ガス灯下の煉瓦街で(おわりに)
水を澄ましめた新宿 淀橋浄水場と歌舞伎町

宮沢聡 寄稿

新宿は水の都だった─二大上水と弁天池/近代水道と中島鋭治/「都におくる淀橋の池」/浄水場移転問題と新宿新都心/淀橋浄水場の残土/歌舞伎町の誕生
房総丘陵の用水路「二五穴」 江戸・東京をつなぐトンネル

島立理子 寄稿

東北の「別天地」・飯坂温泉 飯坂絵はがきプロジェクト

蒲倉綾子 寄稿

「飯坂小唄」に誘われ…/「東北屈指の温泉郷」―繁栄と斜陽/タイムスリップ! 大正昭和の飯坂温泉ツアー/飯坂温泉のもうひとつの顔/色街・飯坂のその後

中入 特別寄稿

郵便受に咲く花のやうに モダンガールとその時代の追體驗

淺井カヨ 寄稿

御挨拶/新しさの詰まつた時代/住まひ探し/最薄の壁/時代をつなぐ古書/時をこえた台所/氷の冷藏庫─「むかし」を買ふ/日本モダンガール協會

第二部 形

幻の東京オリンピック盃

大槻倫子 寄稿

はじめに/やきものを愛する国・日本/日本の盃/展覧会「酒器の玉手箱」/盃コレクター篠田恒男さん/時代を映し出す宣伝盃/幻の東京オリンピック宣伝盃/おわりに
「工芸ニュース」再読 「資材÷頭脳」の技術力

臼井新太郎 寄稿

乳房観の変化と粉ミルク

伊賀みどり 寄稿

はじめに/母乳育児の文化と乳房観(授乳に関する習俗 ─乳付け、貰い乳、乳母─/母乳栄養児が赤ちゃんコンクール入賞/母乳を豊かにする方法)/高度経済成長期のミルク育児の流行と乳房観(病院・診療所出産の急増と粉ミルク/赤ちゃんを大きく育てる/乳房観の変容)/おわりに
「会社員」内田誠のスヰート 生業、余技、そして趣味

広瀬徹 寄稿

内田誠の「生業」( 広報誌『スヰート』の編集・刊行/映画とのタイアップ/広告宣伝に関する啓蒙・普及活動と業界内活動/同僚・部下の育成)/内田の「余技」(随筆執筆/雑誌『春泥』の発刊・編集/句会運営と作句/追悼書の編集・出版)/内田の「趣味」(浮世絵蒐集/小唄)/「生業」「余技」「趣味」のバランス
本の配達人・品川力さん 本郷のペリカン

板垣誠一郎 寄稿

織田作之助と品川力の親交 東京遊学、作家デビュー、そして終章「旅への誘い」  

岩佐善哉 寄稿

品川との出会い/織田の東京遊学と小説家志望への転向/『海風』発行を支えた品川/織田の作家デビューと検閲/ペリカン書房と「木の都」/戦後、人気作家に/旅への誘い
猛火に包まれた帝都、その終焉。

室田元美 寄稿

三月十日、深夜の地獄絵図/関東大震災の悪夢/次の世代にどう伝えればいいか

東京府のマボロシ
──失われた文化、味わい、価値観の再発見

A5判変型・368頁 定価=本体2400円+税
2014年12月刊・発売中

ほろよいブックス編集部/編
宮崎隆義、吉﨑雅規、石倉一雄、栗田彰、坂井美香、宮沢聡、島立理子、蒲倉綾子、淺井カヨ、大槻倫子、臼井新太郎、伊賀みどり、広瀬徹、板垣誠一郎、岩佐善哉、室田元美/著(掲載順)

購入サイト(外部リンク)

honto || e-hon || HonyaClub.com || 紀伊國屋書店 || TSUTAYA online || セブンネットショッピング || ローチケHMV || 楽天ブックス  || Amazon || BOOKFAN

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。