『引き離されたぼくと子どもたち ─ どうしてだめなの? 共同親権 ─』宗像充/著

カバーイラスト 松井朋美

「パパかママか」から「パパもママも」へ

家族観の違いから別れた二人。娘たちと著者との生活が始まる。しかし突然、裁判所から「人身保護請求」が出され、子どもから引き離される。……調停につぐ調停、自助グループとの出会い、ネットワーク結成、子どもとの再会の実現までの日々を描いたノンフィクション。


引き離されたぼくと子どもたち
どうしてだめなの?共同親権

宗像充/著

四六判ソフトカバー 247頁
ISBN978-4-7845-2408-2
定価=1,800円+税
2017年12月刊


第1章
家 族 が 増 え る

第2章
一 家 離 散

第3章
子 ど も と 暮 ら す

第4章
会 え な い 親 た ち と の 出 会 い

第5章
共 同 親 権 運 動

第6章
親 子 を 積 み 重 ね る

購入サイト(外部リンク)

【 honto 】【 e-hon 】【 HonyaClub.com 】
【 紀伊國屋書店 】【 TSUTAYA online 】
【 セブンネットショッピング 】
【 楽天ブックス 】
【 Amazon 】【 BOOKFAN
 1975年大分県生まれ。ジャーナリスト。一橋大学卒業。大学時代 は山岳部に所属。登山、環境、平和、家族問題などをテーマに執筆をおこなう。子どもと引き離された自らの体験から、共同親権運動ネットワークを結成し、子どもと会えない父親・母親たちの話を聞き続ける。著書『街から反戦の声が消えるとき―立川反戦ビラ入れ弾圧事件』(樹心社)、『ニホンオオカミは消えたか?』(旬報社)ほか。
『引き離されたぼくと子どもたち』(初版)本文中に以下の誤りがありました。訂正の上、お詫び申し上げます。社会評論社

243ページ最終行
誤 村上幸惠
正 古閑美津惠

244ページ3行目
誤 村上
正 古閑

『ファーザー・アンド・チャイルド・リユニオン ─共同親権と司法の男性差別』──FATHER AND CHILD REUNION -Warren Farrell,ph.D. 邦訳刊行(目次詳細・訳者あとがき抜粋)

 

投稿者: 社会評論社 公式ブログ - 目録準備室 -

【社会評論社】メール book@shahyo.com 時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか、ひとりひとりが見る世界の面白さを伝える本作りを心がけています。