篠原徹/著『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』──近江と琵琶湖の記憶を刻んだ「俳諧の旅路」の道しるべ。

『民俗の記憶 俳諧・俳句からみる近江』が今月発売になります。著者は、滋賀県立琵琶湖博物館で館長として現在ご活躍の篠原徹氏です。


たった17音(スペック!?)の中に、実はたくさんの「キオク」が刻み込まれている・・・! これが本書で追いかけるテーマです。

たとえば、本書収録の第5章「ふなずし考」では、琵琶湖のフナを鮒鮨にして行く過程を、幾人かの俳句によって再現してしまいます。

17音に込められた思いとともに、その場でしか見られない景色を俳諧師たちはクオリティ高く言葉だけで残したのです。すでに失われて久しい景色、習俗、自然。数百年前の出来事。

特に、画家でもあった与謝野蕪村は、言葉でも風景を描いた・・・! そのすばらしさ、巧みさを紹介する第4章「ノラを歩き花を愛でる蕪村」は、蕪村をとらえたドキュメンタリー映像。

今ならTwitterやインスタグラムで表現する感覚とどこか通じる・・・という思いを込めて。

誰かの歌を意識して歌う楽しみ。芭蕉の作った歌を意識して誰かが詠む。同時代に限らず、数百年をこえた現代にも通用します。時代を飛び越えた「応答」とも呼べるもの。

本書では、芭蕉や蕪村が作った歌をそうした視点でも紐解きます。

あまりに有名な俳人の芭蕉と蕪村。2人が生きたのはずっと昔。

松尾芭蕉 1644年~1694年

与謝野蕪村 1716年~1783年

その2人には、実は近江(のちの滋賀県)で詠んだ歌が数多く残されている。時代が下って作家の白洲正子や司馬遼太郎も魅了され、多くの名文を残しています。

それらに注目した著者・篠原さんは、現在の勤務地、滋賀県の地から、芭蕉と蕪村の歌をはじめ門下の歌、現代の歌を手がかりに、京と鄙(ひな)の歴史に踏み込んで行きます。6月12日より発売です。ご期待ください!

篠原徹/著
民俗の記憶 ─俳諧・俳句からみる近江

(キオクのヒキダシ3)

通販サイト(外部リンク)
Amazon / honto / Honya Club.com / e-hon
 紀伊國屋書店 / TSUTAYA online / セブンネットショッピング
 ローチケHMV / 楽天ブックス BOOKFAN

民俗の記憶*目次

はじめに

第一章 新・都鄙問答 ─ 近江の文化的景観─はじめに

1 芭蕉の近江、蕪村の京
2 文化的景観と俳諧・俳句
*「水の自然」としての琵琶湖 ─ 大景 ─
*「生命の水」としての琵琶湖 ─ 中景 ─
*「農の水」としての琵琶湖 ─ 中景 ─
*「漁の水」としての琵琶湖 ─ 中景 ─
*「工の水」と琵琶湖 ─ 中景 ─
*「生活の水」と琵琶湖 ─ 小景 ─
おわりに

第二章 俳諧・俳句と民俗学  ─原郷論へのアプローチ─

はじめに
1 俗事・俗情と俳諧の関係性
2 俳諧・俳句の応答可能性とは
3 文化的景観と俳諧の応答可能性
4 琵琶湖と俳諧・俳句 ─魚類を中心に─

第三章 蕎麦と河豚

 

第四章 ノラを歩き花を愛でる蕪村

はじめに
1 蕪村の植物句の概要
2 俳諧と山野草・人里植物
3 蕪村、ムラのなかを通りぬける
4 ノラを歩く蕪村、花を詠む
おわりに

第五章 ふなずし考

1◆近現代のふなずし
1 ふなずしの旬
2 現在のふなずし
3 ふなずしの多様性─ 地域性と階層性─
4 ふなずしの粗野と洗練

2◆俳諧・俳句とふなずし
はじめに
1 歴史資料・博物誌資料としての俳諧・俳句
2 俳諧・俳句で綴る鮒の生態とふなずし
3 ふなずしの旬をめぐる問題
おわりに

あとがき

人名索引


 

篠原徹/著
民俗の記憶 ─俳諧・俳句からみる近江
(キオクのヒキダシ3)
2017年6月刊行
定価=本体1,800円+税
ISBN978-4-7845-1736-7

装丁・中原達治


Amazon / honto / Honya Club.com / e-hon
紀伊國屋書店 / TSUTAYA online / セブンネットショッピング
ローチケHMV / 楽天ブックス BOOKFAN


著者紹介

篠原徹(しのはら とおる)1945年中国長春市生まれ。民俗学者。京都大学理学部植物学科、同大学文学部史学科卒業。専攻は民俗学、生態人類学。国立歴史民俗博物館教授を経て現在、滋賀県立琵琶湖博物館館長。従来の民俗学にはなかった漁や農に生きる人々の「技能」や自然に対する知識の総体である「自然知」に目を向ける(「人と自然の関係をめぐる民俗学的研究」)。著書に『自然と民俗 ─心意のなかの動植物』(日本エディタースクール出版部、1990年)『海と山の民俗自然誌』(吉川弘文館、1995年)『アフリカでケチを考えた ─エチオピア・コンソの人びとと暮らし』(筑摩書房、1998年)『自然とつきあう』(小峰書店、2002年)『自然を生きる技術 ─暮らしの民俗自然誌』(吉川弘文館、2005年)『自然を詠む ─俳句と民俗自然誌』(飯塚書店、2010年)『酒薫旅情』(社会評論社、2014年)など。


メモ:

 

投稿者: 社会評論社・目録準備室

【社会評論社】●時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか多岐に渡る図書を発行。市民の立場から世界を見る面白さがつまった本作りを心がけています。メール book@shahyo.com