グローバル展開をとげる自動車産業の資材・部品調達システムはどうなっているのか。

清晌一郎(せい・しょういちろう)編著『日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化 ──リーマンショック後の新興諸国でのサプライヤーシステム調査結果分析』(カバーデザイン 後藤トシノブ)が刊行されました。目次詳細、執筆者13名の略歴、編者による解説をお伝えします。

グローバル展開をとげる自動車産業の資材・部品調達システムはどうなっているのか。インド、インドネシア、ベトナム、タイ、メキシコ、ブラジルなどの企業調査から、リーマンショックの後、激変する世界の自動車産業の海外オペレーションの実態を解明。


編者解説

 

本プロジェクトの調査・研究の具体的な出発点は、中国自動車産業に続いて次第に成長を始めたASEAN地域に着目し、インド、インドネシア、タイ、ベトナム、台湾、そしてメキシコと、新興諸国における自動車産業発展の現状を調査することにおかれた。このなかで、比較的歴史のあるタイ、インドネシアと、新興の中国・インドは当然状況が異なっていることが想定され、特に後者は産業基盤はぜい弱であり、設備機械・治工具や金型などの調達、部品やボディ関係の加工品などの調達、技術者・マネージャー、現場作業者などの人材確保など、あらゆる側面で蓄積が不足しているものと思われた。これらの国々で、果たしてどのような形で産業基盤の移転・定着と発展が可能であるか、新興国の低コストへの対応はどのように可能か、我々にとっては非常に関心を呼ぶテーマだったのである。

本書を構成する各論文は、かなりの幅があるこれら諸問題について、参加メンバーのそれぞれが独自の視点で執筆したものである。新興国を中心とした海外渡航調査結果の分析を行い、グローバルな視点からサプライヤーシステムの変化に着目し、それぞれの問題関心に沿って執筆したこれらの論文は、独自に視点に基づいた論考である。

本書を取りまとめてみた結果、編集の最終段階になって次第に重要な事実が明らかになってきた。それは、日本自動車産業のグローバル生産拡大の中で、日系自動車メーカーと日系部品メーカーとの取引が巨大なものとなっており、海外進出日系企業は、その中にいるだけで充分にビジネスが成立するだけの枠組みが成立しているという点にある。本書の成立した経過との関係でいえば、「中国・インドにおいて日本的生産方式の移転が成立するか」という問いに対して、「日系企業同士の巨大な取引ネットワークの形成」がその回答だったということである。この内容の分析は今後の課題である。ともあれ「日本的生産方式の移転」が「日系企業同士の取引ネットワークのグローバルな拡大」によって可能となるという、この重要な傾向を提示できたことは、本書の最大の成果だったということができるかもしれない。

清晌一郎(せい・しょういちろう)
※「しょう」の字は「日」+「向」です。

1. 目次詳細
2. 執筆者紹介
日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化 リーマンショック後の新興諸国でのサプライヤーシステム調査結果分析 清晌一郎(せい・しょういちろう)/編著
日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化
──リーマンショック後の新興諸国でのサプライヤーシステム調査結果分析』
社会評論社・刊 2017年
定価=本体4,800円+税
ISBN978-4-7845-1845-6


購入サイト(外部リンク)Amazon 】【 honto 】【 e-hon 】
 【 HonyaClub.com 】【 紀伊國屋書店 】
 【 TSUTAYA online 】
 【 セブンネットショッピング 】【 ローチケHMV 】
 【 楽天ブックス 】【 BOOKFAN

投稿者: 社会評論社・目録準備室

【社会評論社】●時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか多岐に渡る図書を発行。市民の立場から世界を見る面白さがつまった本作りを心がけています。メール book@shahyo.com