田上孝一編著『権利の哲学入門』刊行!

田上孝一編著『権利の哲学入門』が刊行になりました。20編にわたる論考の目次と、編者序文の抜粋をご案内いたします。

編者序文(抜粋)


本書の第一部では権利の思想史を試みた。ここでは権利を中心課題とした思想家でまとめたのではなく、西洋哲学史上重要な哲学者が、権利をどう捕らえていたかという面に焦点を当てた。その意味で第一部の各章は、権利を視軸にした哲学史の試みといえる。言うまでもなく、僅か10章で代表的な哲学者を網羅することはできない。そこには不足がある。しかし権利という統一的な観点から哲学史をまとめることそれ自体に、独自の理論的意義があるのではないかと、我々は信じている。

第二部は現代において権利を考えるに当たって重要だと思われる幾つかの論点を取上げた。現代の政治哲学において権利はどう取り扱われているのか、女性や患者の権利のような、その重要性がコンセンサスを得ている問題に加えて、将来世代や動物の権利のように、広く認知されているとはいいがたい問題も扱った。当然ここにも漏れや不足はあろう。しかしこの10章は、権利の現在を考えるための有益な示唆になりえていると、我々は考えている。

こうして本書は権利の哲学への一つの入門を目指している。とはいえ、本書は文字通りの入門書とはいささか毛色が異なる。文字通りの入門書ならば、定説的な解釈を教科書風に無難にまとめるのが通常の作法だろう。しかし本書には通説とは大いに異なる諸説も含まれている。その意味で本書には、何か一定の方向に読者を誘導するような目論見はない。我々が願うのは、読者に問題を提起し、読者なりの権利観を構築するのに資するような、一つの知的刺激となることのみである。従って本書の掲げる「入門」は、読者が権利を考えるための一つのきっかけになればという、ささやかな意図からのものである。

(田上孝一)

田上孝一/編著
権利の哲学入門

A5判並製・320頁 定価=本体2,500円+税

購入サイト(外部リンク)

honto 】【 e-hon 】【 HonyaClub.com
紀伊國屋書店 】【 TSUTAYA online
セブンネットショッピング
ローチケHMV 】【 楽天ブックス
Amazon


投稿者: 社会評論社・目録準備室

【社会評論社】●時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか多岐に渡る図書を発行。市民の立場から世界を見る面白さがつまった本作りを心がけています。メール book@shahyo.com