倫理なき時代における倫理への渇望の書、ついに登場!─青木孝平『「他者」の倫理学 ─レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む─』

他者の倫理学

今月の新刊、青木孝平著『「他者」の倫理学 レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む』(四六判上製/360頁/定価:本体2,600円+税/ISBN978-4-7845-1838-8/装幀:後藤トシノブ)は小社期待の作品です。書店様、図書館様からのお取り扱いお待ちしております。以下、宣伝文、目次(PDFファイル)を公開します。


他者の現前によって自己の主体性が疑問に付されること、私はこれを倫理と呼ぶ!

フッサール現象学の外部としてのレヴィナス、聖道門自力仏教を放棄する親鸞、そしてマルクス経済学を異化する宇野弘蔵。いっけん何の脈絡もないこれらの諸思想を大胆にクロスオーヴァーさせるとき、そこに、誰の思いもよらない、おそらくは読者の予想をもしのぐ、「未知の思考」が忽然と立ち現れてくる。私の「自我」をはるかに超越して、向こう側から不意に訪れる「他者」とはいったい何ものなのか? 本書は、哲学・宗教学・社会科学のバリアを軽やかに越境し、あらゆる知見を総動員してこの問いに鮮やかに答えをだす。

 

青木孝平/著
「他者」の倫理学
レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む

四六判上製/360頁/定価:本体2,600円+税

購入サイト(外部リンク)
Amazon / honto / Honya Club.com / e-hon
紀伊國屋書店 / TSUTAYA online / セブンネットショッピング 
ローチケHMV / 楽天ブックス / BOOKFAN

目次

はじめに

第Ⅰ部 現象学における他者

第一章 フッサールにおける独我論の哲学
1 西洋的二元論の哲学を超えて
2 超越論的主観性の現象学
3 フッサールにおける他我の明証
4 身体的存在としての他者
  サルトルによる対他存在論/メルロ=ポンティによる知覚的他者

第二章 レヴィナスにおける他者論
1 ハイデガーの存在論的現象学
2 レヴィナスによるハイデガー批判
3 絶対的他者の顕現
  無限性としての他者/フッサール現象学との対決
4 「顔」としての他者
5 「存在の彼方」における他者
 デリダからの批判とそれへの応答/語ることの受動性
6 隔時性あるいは痕跡としての他者
7 他者の「身代わり」としての自己

第三章 レヴィナスの正義論という可能性と不可能性
1 「第三者」としての他者
2 正義論というディレンマ

まとめ ─現象学の臨界点

第Ⅱ部 仏教における他者

第一章 自己の悟りとしての仏教
1 仏教の開祖とその発展
2 南都六宗の仏教
  中観派の思想/唯識派の思想/古典仏教と現代思想
3 平安仏教としての天台・真言宗
 最澄における仏教の土着化/三乗一乗権実諍論/大乗戒律諍論
天台宗の自力苦行・難行/空海による密教の移入/空海の真言密教思想
平安仏教における「主体」の解体

第二章 「他者」による救いとしての仏教
1 平安末期における末法の到来
2 法然による他力思想の形成
3 法然における「本願念仏行」の選択
  『選択本願念仏集』における三重の選択/弥陀の本願としての「第十八願」
4 他力のなかに残る自力

第三章 「他者」による絶対他力の思想
1 親鸞における他力思想の確立
  三大諍論/愚禿親鸞の誕生
2 『教行信証』における絶対他力
  教の思想/行の思想/信の思想/証の思想/真仏土と化身土の思想
3 晩年における親鸞の境位

まとめ
親鸞思想の教相判釈/現象学と仏教の比較思想史

第Ⅲ部 資本主義における他者

第一章 マルクスにおける主体の自己運動
1 疎外論における他者の不在
  『経済学・哲学草稿』の弁証法/『ドイツ・イデオロギー』における主体の運動
2 『資本論』における主体としての人間労働
  価値形態論における他者の欠落/貨幣から資本への自己転化
  資本主義の生成・発展・崩壊論

  再生産表式の不均衡論/利潤率の傾向的低落の法則/資本論の延長にあるもの
3 マルクスの論理における「自己」中心主義

第二章 宇野『経済原論』における他者の思想
1 「流通論」における他なるもの
  人間労働の他としての商品/商品の外部としての貨幣/貨幣の外部としての資本
2 「生産論」における他なるもの
  資本の他としての人間労働/資本の流通過程の無限性/資本の再生産過程と蓄積
3 「分配論」における他なるもの
  資本と利潤/土地所有と地代/信用と利子
4 市民社会というイデオロギー

第三章 宇野『経済政策論』における他者の顕在化
1 段階論という外部
2 三大階級に対する他者

第四章 絶対他者を主体とする現状分析
1 段階論の終わり方
2 絶対他者の消滅とその痕跡

おわりに

宇野理論の思想的課題
宇野弘蔵における実践の倫理

宇野理論からレヴィナス・親鸞の「他者」へ


(あおき・こうへい)一九五三年生まれ。鈴鹿医療科学大学教授。早稲田大学大学院法学研究科博士な課程単位取得。経済学博士(東北大学)著書『資本論と法原理』(論創社)、『コミュニタリアン・マルクス』(社会評論社)、『コミュニタリアニズムのフロンティア』(共著・勁草書房)、『現代社会学事典』(共著・弘文堂)など。


 

投稿者: 社会評論社・目録準備室

【社会評論社】●時事問題に取り組む活動記録、評論、学術書、ルポルタージュほか多岐に渡る図書を発行。市民の立場から世界を見る面白さがつまった本作りを心がけています。メール book@shahyo.com